料理旅館 おく文

昭和初期の建物で、木造一部2階建て、部屋数10室と小さいながらも、外宮さんから一歩離れた静寂な環境でくつろげるお宿。その歴史は古く、江戸末期に鰻を行商して家の窮地を救ったという「孝行鰻」弥吉の息子、文吉がうなぎの飯屋を継ぎ、伊勢市宮町の割烹旅館「奥文楼」となったのが始まり。
料理旅館というだけあって、美まし国伊勢、四季折々の幸の持ち味を活かして作られた会石料理をお部屋で頂くことができます。

住所 三重県伊勢市宮町1丁目9-49
電話番号0596-28-2231
ホームページhttp://okubun.jp/

アーカイブ

ページ上部へ戻る